2013年07月06日

あしあと“今旬” 2013/07/01

  透明度  5~7m     水温  21~24℃  
 梅雨前線の影響は否めないところで、時折うねりは入りますが、然して大きな波にはならず殆ど問題はない状況です。
 透明度に関してはかなり動きがあり、潮の干満でだいぶ状況は変わります。
 水温は温かく感じられるほどになっています。

         ☆ “今旬”の お・す・す・め ☆
 南エリアでいよいよアオリイカの産卵が始まりました。
 現在幾箇所に卵塊が残されています。

 ネンブツダイ、イサキ、マアジ、スズメダイ群れています。
 併せてイワシの群れも時折回遊しているようです。時には壁のように通り過ぎていきます。
 そろそろイナダ、カンパチなど期待できそうです。

 ハナタツ、2固体になりました。
 どちらもオスです。
 新たに見つけたほうは頂冠部に長い被弁を持っています。

 ケラマハナダイ、ちゃっかり越冬です。キンギョハナダイに混じって泳いでいます。しっかり成魚です。
 ハナミノカサゴも登場しています。こちらも越冬したのかも…。
 砂地ではツバクロエイが時折姿を見せています。
 その他ニシキハゼやハナアナゴも夏を思わせる存在として登場しています。キタマクラの赤ちゃんと併せてオススメです。
 砂地が少し面白くなってきました。
 
 またコケギンポがやたらと増えています。ギンポ団地ではそれぞれが色々な個性を振りまいているので、その辺りにも注目してみては。なかにはイソギンポやニジギンポも混ざってま~す。
 
 甲殻系
 ザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ、コマチコシオリエビ、砂地ではアサヒガニそしてマルガザミが出始めています。コノハガニも見られるように。
 いよいよ季節ですね。
 他コシオリ系ではチュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビにも注目しています。
 
 ウミウシ関連
 とにかく増えています。
 日替わり神出鬼没ではありますが、その時々で色々出てくれるので嬉しい限りです。
 ここ最近の新顔ではイガグリウミウシ、キイロイボウミウシ、クリヤイロウミウシ、スポンジウミウシが出没しています。
 オトメ系ではハナオトメウミウシ、ホソジマオトメウミウシ、オセザキオトメウミウシなど。
 ミノ系―サクラミノウミウシ、コザクラミノウミウシ。
 他キイロウミコチョウ、ミツイラメリ、アオ、シロ、サラサ、コモン、ヒロなども多数見られます。

 ウミウサギ系
 スミレコボレバケボリ、ついに居なくなってしまいました。残念。
 トラフケボリに限っては相当数見られます。個体差、模様や色彩変異など、もあり一興です。ベニキヌヅツミも出ています。
 “海中の生きるジュエリー”一見の価値あり。今後色々な出会いも期待されます。トサカ、ヤギなど要チェックです。

         ☆ “今旬” コメント ☆     
 ようやく2ヶ月遅れの春が海の中にも到来してきた印象です。
 ハゼなどの稚魚や幼魚が目に付きます。
 ネンブツダイやイサキ、スズメダイなども中層でしっかり群れを作っています。
 水底ではマクロ系の世界もウミウシ、甲殻系を中心に充実してきました。なかなか魅力的な海になっています。
 色々な視点でがっつり楽しめると思います。

  ~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

あしあと“エリア” 2013/07/01

☆―北エリア/砂地―☆
ネンブツダイ、コケギンポ、ニジギンポ
キタマクラ、オキゴンベ
キイロウミコチョウ
アサヒガニ、コマチコシオリエビ、コノハガニ(♂♀)

☆―北エリア/ゴロタ―☆
ネンブツダイ、スズメダイ
チュウコシオリエビ
キイロウミコチョウ

☆―センター―☆
ハナタツ♂(抱卵)
コケギンポ、ゴカキダイ(yg)、アオヤガラ(yg)
ベニカエルアンコウ
トラフケボリ
キイロウミコチョウ


☆―南エリア/砂地―☆
ガラスハゼ、ツバクロエイ
アカエイ、ネンブツダイの群れ、イサキ、マアジ
アオサハギ、スズメダイの群れ、コケギンポ
ワニゴチ、オキゴンベ(ad,yg)、ミノカサゴ(yg、ad)
ニシキハゼ
トラフケボリ、ベニキヌヅツミ
キイロウミコチョウ
ハナオトメウミウシ、ホソジマオトメ
クリヤイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ、イガグリウミウシ
アサヒガニ、マルガザミ
ザラカイメンカクレエビ、チュウコシオリエビ
スナイソギンチャク

☆―南エリア/ゴロタ―☆
ケラマハナダイ、ネコザメ
ベニカエルアンコウ、マアジの群れ、ユウダチタカノハ(yg)
ミノカサゴ、スズメダイ、オキゴンベ、キンチャクダイ
イシダイ、キンギョハナダイ、コブダイ(yg)
コマチコシオリエビ
チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビ
ザラカイメンカクレエビ、クシノハカクレエビ
トラフケボリ
キイロウミコチョウ
キイロイボウミウシ、コモンウミウシ


~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

あしあと“今旬” 2013/06/14

  透明度  5~8m     水温  20~22℃
  台風明け、まずまずのコンディションです。多少うねりは残りますが、問題ない程度です。
 透明度は思いのほか良い印象です。多少白濁りはありますが、それなりに見えています。
 明日以降しっかり落ち着いてきそうです。



   ☆ “今旬”の お・す・す・め ☆
 ネンブツダイ、イサキ、マアジ、スズメダイ本格的に群れだしてきました。
 併せてイワシの群れもかなりの数で回遊しているようです。時には壁のように通り過ぎていきます。
 そろそろイナダ、カンパチなど期待できそうです。
 あとはアオリイカですね。

 ハナタツ、残り1個体。
 頑張っています。

 色々と気になるものも出ています。
 先ずはケラマハナダイ、ちゃっかり越冬です。キンギョハナダイに混じって泳いでいました。しっかり成魚です。
 砂地ではツバクロエイが姿を見せています。結構な確立で出会えています。
 その他ニシキハゼやハナアナゴも夏を思わせる存在として登場しています。キタマクラの赤ちゃんと併せてオススメです。
 ガラスハゼもいよいよ赤ちゃんがムチヤギに付きだしています。
 砂地が少し面白くなってきました。
 
 またコケギンポがやたらと増えています。それぞれに色々な個性を振りまいているので、その辺りにも注目してみては。なかにはイソギンポも混ざってま~す。
 
 甲殻系
 ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、砂地ではアサヒガニが出始めています。コノハガニも見られるように
 コマチは久しぶりです。コシオリ系では他チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビにも注目しています。
 
 ウミウシ関連
 とにかく増えています。
 新規ではキャラメルウミウシ、クリヤイロウミウシ、スポンジウミウシ出ています。
 オトメ系ではハナオトメウミウシ、ホソジマオトメウミウシなど。
 ミノ系―サクラミノウミウシ、コザクラミノウミウシ。
 他キイロウミコチョウ、ミツイラメリ、アオ、シロ、サラサ、コモン、ヒロなども多数見られます。

 ウミウサギ系
 スミレコボレバケボリ、ついに居なくなってしまいました。残念。
 トラフケボリに限っては相当数見られます。ベニキヌヅツミにも注目しています。トラフとベニキヌは模様や色彩変異などもあり一興です。
 “海中の生きるジュエリー”一見の価値あり。今後色々な出会いも期待されます。トサカ、ヤギなど要チェックです。

         ☆ “今旬” コメント ☆     
 ようやく2ヶ月遅れの春が海の中にも到来してきた印象です。
 ハゼなどの稚魚や幼魚が目に付きます。
 ネンブツダイやイサキ、スズメダイなども中層でしっかり群れを作っています。
 水底マクロ系の世界もウミウシを中心に充実しているので、なかなか魅力的な海になっているので、がっつり楽しめます。
 また板鰓系にも注目です。

  ~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

あしあと“エリア” 2013/06/14

☆―北エリア/砂地―☆
ネンブツダイ、オキゴンベ、コケギンポ、キタマクラ
キャラメルウミウシ、キイロウミコチョウ
アサヒガニ、コマチコシオリエビ

☆―北エリア/ゴロタ―☆
ネンブツダイ、スズメダイ
チュウコシオリエビ
サガミミノウミウシ、キイロウミコチョウ

☆―センター―☆
ハナタツ♂(抱卵)
コケギンポ、カゴカキダイ、ベニカエルアンコウ
トラフケボリ
フタスジミノウミウシ、キイロウミコチョウ
ムラサキウミコチョウ(情報)

☆―南エリア/砂地―☆
ガラスハゼ、ツバクロエイ、アカエイ
ネンブツダイの群れ、イサキ、マアジ
アオサハギ、スズメダイの群れ、コケギンポ
ワニゴチ、オキゴンベ(ad,yg)、ミノカサゴ(yg、ad)
ニシキハゼ
トラフケボリ、ベニキヌヅツミ
キイロウミコチョウ
ハナオトメウミウシ、オトメウミウシ、ホソジマオトメ
クリヤイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ
アサヒガニ、ウミシダカクレエビ、イソバナカクレエビ
スナイソギンチャク

☆―南エリア/ゴロタ―☆
ケラマハナダイ
ベニカエルアンコウ、マアジの群れ、ユウダチタカノハ(yg)
ミノカサゴ、スズメダイ、オキゴンベ、キンチャクダイ
イシダイ、キンギョハナダイ、コブダイ(yg)
チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビ
トラフケボリ
キイロウミコチョウ、コザクラミノウミウシ


      ~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

あしあと“今旬” 2013/06/10

   透明度  5~8m     水温  20~21℃
 前線が沖合いにある時分はやはりその影響を受けるようですが、今日のところはその影響も無く昨日までのうねりもだいぶ収まった様子です。
 透明度は潮が引くと良くなり、上げてくるに従い悪くなる傾向がここ暫く続きます。
 水温は表面ではかなり温かくなりました


         ☆ “今旬”の お・す・す・め ☆
 ネンブツダイ、イサキ、マアジ、スズメダイ本格的に群れだしてきました。
 併せてイワシの群れもかなりの数で回遊しているようです。時には壁のように通り過ぎていきます。
 そろそろイナダ、カンパチなど期待できそうです。
 あとはアオリイカですね。

 ハナタツ、残り1個体。

 色々と気になるものも出ています。
 先ずはケラマハナダイ、ちゃっかり越冬です。キンギョハナダイに混じって泳いでいました。しっかり成魚です。
 砂地ではツバクロエイが姿を見せています。結構な確立で出会えています。
 その他ニシキハゼやハナアナゴも夏を思わせる存在として登場しています。キタマクラの赤ちゃんと併せてオススメです。
 ガラスハゼもいよいよ赤ちゃんがムチヤギに付きだしています。
 砂地が少し面白くなってきました。
 
 またコケギンポがやたらと増えています。それぞれに色々な個性を振りまいているので、その辺りにも注目してみては。なかにはイソギンポも混ざってま~す。
 
 甲殻系
 ウミシダヤドリエビ、コマチコシオリエビ、砂地ではアサヒガニが出始めています。コノハガニも見られるように
 コマチは久しぶりです。コシオリ系では他チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビにも注目しています。
 
 ウミウシ関連
 とにかく増えています。
 新規ではキャラメルウミウシ、クリヤイロウミウシ、スポンジウミウシ出ています。
 オトメ系ではハナオトメウミウシ、ホソジマオトメウミウシなど。
 ミノ系―サクラミノウミウシ、コザクラミノウミウシ。
 他キイロウミコチョウ、ミツイラメリ、アオ、シロ、サラサ、コモン、ヒロなども多数見られます。

 ウミウサギ系
 スミレコボレバケボリ、ついに居なくなってしまいました。残念。
 トラフケボリに限っては相当数見られます。ベニキヌヅツミにも注目しています。トラフとベニキヌは模様や色彩変異などもあり一興です。
 “海中の生きるジュエリー”一見の価値あり。今後色々な出会いも期待されます。トサカ、ヤギなど要チェックです。

         ☆ “今旬” コメント ☆     
 ようやく2ヶ月遅れの春が海の中にも到来してきた印象です。
 ハゼなどの稚魚や幼魚が目に付きます。
 ネンブツダイやイサキ、スズメダイなども中層でしっかり群れを作っています。
 水底マクロ系の世界もウミウシを中心に充実しているので、なかなか魅力的な海になっているので、がっつり楽しめます。
 また板鰓系にも注目です。

  ~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

あしあと“エリア” 013/06/10

☆―北エリア/砂地―☆
ネンブツダイ、オキゴンベ、コケギンポ、キタマクラ
キャラメルウミウシ、キイロウミコチョウ
アサヒガニ、コマチコシオリエビ

☆―北エリア/ゴロタ―☆
ネンブツダイ、スズメダイ
チュウコシオリエビ
サガミミノウミウシ、キイロウミコチョウ

☆―センター―☆
ハナタツ♂(抱卵)
コケギンポ、カゴカキダイ、ベニカエルアンコウ
トラフケボリ
フタスジミノウミウシ、キイロウミコチョウ
ムラサキウミコチョウ(情報)

☆―南エリア/砂地―☆
ガラスハゼ、ツバクロエイ、アカエイ
ネンブツダイの群れ、イサキ、マアジ
アオサハギ、スズメダイの群れ、コケギンポ
ワニゴチ、オキゴンベ(ad,yg)、ミノカサゴ(yg、ad)
ニシキハゼ
トラフケボリ、ベニキヌヅツミ
キイロウミコチョウ
ハナオトメウミウシ、オトメウミウシ、ホソジマオトメ
クリヤイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ
アサヒガニ、ウミシダカクレエビ、イソバナカクレエビ
スナイソギンチャク

☆―南エリア/ゴロタ―☆
ケラマハナダイ
ベニカエルアンコウ、マアジの群れ、ユウダチタカノハ(yg)
ミノカサゴ、スズメダイ、オキゴンベ、キンチャクダイ
イシダイ、キンギョハナダイ、コブダイ(yg)
チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビ
トラフケボリ
キイロウミコチョウ、コザクラミノウミウシ


~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

あしあと“エリア” 2013/06/10

☆―北エリア/砂地―☆
ネンブツダイ、オキゴンベ、コケギンポ、キタマクラ
キャラメルウミウシ、キイロウミコチョウ
アサヒガニ、コマチコシオリエビ

☆―北エリア/ゴロタ―☆
ネンブツダイ、スズメダイ
チュウコシオリエビ
サガミミノウミウシ、キイロウミコチョウ

☆―センター―☆
ハナタツ♂(抱卵)
コケギンポ、カゴカキダイ、ベニカエルアンコウ
トラフケボリ
フタスジミノウミウシ、キイロウミコチョウ
ムラサキウミコチョウ(情報)

☆―南エリア/砂地―☆
ガラスハゼ、ツバクロエイ、アカエイ
ネンブツダイの群れ、イサキ、マアジ
アオサハギ、スズメダイの群れ、コケギンポ
ワニゴチ、オキゴンベ(ad,yg)、ミノカサゴ(yg、ad)
ニシキハゼ
トラフケボリ、ベニキヌヅツミ
キイロウミコチョウ
ハナオトメウミウシ、オトメウミウシ、ホソジマオトメ
クリヤイロウミウシ、ミツイラメリウミウシ
アサヒガニ、ウミシダカクレエビ、イソバナカクレエビ
スナイソギンチャク

☆―南エリア/ゴロタ―☆
ケラマハナダイ
ベニカエルアンコウ、マアジの群れ、ユウダチタカノハ(yg)
ミノカサゴ、スズメダイ、オキゴンベ、キンチャクダイ
イシダイ、キンギョハナダイ、コブダイ(yg)
チュウコシオリエビ、ホムラチュウコシオリエビ
トラフケボリ
キイロウミコチョウ、コザクラミノウミウシ


       ~なぎ・さ・らうんど~ より
posted by ☆なおき☆ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 石橋ダイビング | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。